相続

2009年04月13日

遺言書作成

こんにちは。千葉県船橋市の司法書士の高橋京子です。

司法書士が相続関係の業務に携わる場合、
多くは不動産の相続登記になります。

ただ、相続の前の段階として、
遺言書の書き方のアドバイスを
求められることもあります。

せっかく遺言書を残すのであれば、多くの場合は、
自筆遺言よりは、公正証書遺言がお勧めです。

相続開始後の手続きを考えると、
公正証書の方が検認(家庭裁判所で相続人全員で
遺言書を開封し確認する作業)も不要で、
改ざんされる心配がありません。

公正証書遺言には、基本的には定められた事項しか記載できません。

でも、それ以外は全く書くことが出来ないかというと
そうではありません。
遺言者の方の思いは、公正証書であっても、
最後に「付言事項」として、書き加えてもらうことができます。

短い一言が、大きな効果があるかもしれませんね。






total_slawyer at 17:24コメント(0)トラックバック(0) 

2007年10月12日

相続登記〜戸籍の集め方〜

千葉県船橋市の司法書士 高橋京子です。


応援クリックよろしくお願いいたします。人気ブログランキング 千葉県船橋市の司法書士高橋京子です。1日1クリックしてくれるとうれしいです。



身内に不幸があった場合、
まずするのは、お葬式や役所への届け出ですね。

次に初七日、49日の法要。一回忌、三回忌・・・
と続きますが、

49日と一回忌の間に、
相続の手続き(預貯金や株式、車の名義変更や不動産登記、相続税の申告や準確定申告)をする方が多いのではないでしょうか。

司法書士も、主に相続による不動産の名義変更登記
という場面で、お客様の相続手続きをお手伝いさせていただいています。

この相続登記、法務局に提出する登記申請書は、
売買や贈与に比べると一般の方でも書きやすいかもしれません。

でも、事務所にいらっしゃるお客様のお話を聞くと、
やはり

 1.遺産分割協議書の書き方がわからない
 2.戸籍の集め方がわからない

といった理由から、私たち専門家のところにいらっしゃるケースが多いようです。

相続登記を含めた一般の相続手続きでは、戸籍の提出が求められます。
ここでいう戸籍とは、
 )瓦なった方の出生から死亡まで連続した戸籍
◆〜蠡蛙佑諒全員の現在戸籍
が最低限で、戸籍と住所が一致しない場合は、住民票も添付しますし、
相続人が、亡くなった方の兄弟姉妹の場合は、更に戸籍が大量に必要になります。

 △枠羈單容易に揃えられますが、
 ,魎萎に揃えるには、一苦労です。

今の戸籍法では、本籍地が同じでも、
結婚すれば戸籍は新しくなりますし、逆もしかりです。
何も変わらなくても、
役所の書き換え作業やコンピューター化の都合で、
戸籍が新しくなり、古いものは閉鎖されたりします。
昭和初期以前の戸籍は、戸主の家督相続により
その家族も戸籍が移動します。

本籍の移動の少ない方でも、
平均寿命くらいで亡くなられた場合
出生から死亡までの戸籍は、4〜5通にはなる場合が
多いようです。

役所周りでへとへとになる前に、
相続手続きについては、是非ご相談下さい。


応援クリックよろしくお願いいたします。人気ブログランキング 千葉県船橋市の司法書士高橋京子です。1日1クリックしてくれるとうれしいです。






total_slawyer at 16:57コメント(0)トラックバック(0) 

2006年08月28日

相続税と贈与税

先日、私事ですが、誕生日を迎えました。
自分なりに、来し方行く末を考える
いい機会になります。

ちょうどその日、
相続がらみの相談をお受けしました。

かわいい孫やお世話になった人など
財産をあげたい人がいる場合、どうしますか?

生前贈与では、高額の贈与税がかかってしまいます。
110万の基礎控除内で何度かするのも手間がかかります。
かといって、相続人以外は相続できません。

そんなときは、きっちり
「遺贈」する旨の遺言を残しましょう。

贈与の一種でありながら、かかるのは相続税ですから、
多くの方が税金がかからずに済みます。
(相続税は基礎控除が大きいので、
課税される人の割合は5%といわれています)
ちなみに、死因贈与も同様に相続税の扱いでできます。

これらは、初歩になりますが、
来年の誕生日には、夫(税理士)の同席なく、
自信を持ってご相談に応じられる司法書士に
なっていたいと思います。

人気blogランキング 1日1クリックしてくれるとうれしいです人気ブログランキングバナー



total_slawyer at 15:53コメント(4)トラックバック(0) 
プロフィール
司法書士 高橋京子
千葉県船橋市本町7−11−5
KDX船橋ビル4F
 司法書士事務所TOTALのHP

電話 047−406−5407
Email : info@total-slawyer.com
  
(1) 商業登記
会社設立、役員変更等
(2) 不動産登記
相続や不動産売買等

 お気軽にご相談ください。

人気blogランキング 司法書士TOTAL 1日1クリックしてくれるとうれしいです人気ブログランキングバナー


税理士法人TOTAL facebook
最新コメント
最新トラックバック
医療法人の設立〜医療法改正 (税理士・行政書士&起業支援日記 東京都、千葉県でがんばる事務所のブログ)
ディズニー 7つの法則
株式会社を作ろう (税理士・行政書士&起業支援日記 東京都、千葉県でがんばる事務所のブログ)
開業サイト
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ